カシオ学園 職員室・事務室 CASIO GAKUEN Office

先生に質問!まなびのクイックアンケート

$v){ ?>
  • 結果をみる

授業の幅を広げる書画カメラ

このコンテンツをご覧頂くには最新のFlash Playerが必要です FlashPlayerがインストールされていないか、古いバージョンのFlash Playerがインストールされています。このサイトをご覧になるにはFlash Player8.0以上が必要です。また、JavascriptをONにした状態でご覧ください。
職員室・事務室プロジェクター

書画カメラを使って見せたいものを大きく見せよう

教室にいる全員でひとつの情報をしっかり見つめる。一体感のある授業を実現


使用製品

マルチプロジェクションカメラ
<YC-470>

概要

具体的に見せることで、伝えたいことがよりダイレクトに伝わります。そういった意味で書画カメラは授業の幅を大きく広げるツールといえるでしょう。資料集、辞書、地図帳など印刷物はもちろん、動植物などの現物がそのまま拡大表示して見せることができるほか、書いている先生の手元などをクローズアップすれば、書写や生活科の学習にも活用できます。

こんな使い方

  • 分度器の実際の操作を投映することで角度を測りとる力をつける。
  • プロジェクターで拡大提示し、原稿用紙の使い方を説明する。
  • 書写の授業で手元を大きく見せたり、手本を効果的に提示する。
  • 電子辞書を拡大投映し、熟語の使い方や漢字の組み合わせを考える。
  • 教科書やノートを拡大提示し、印をつけながら理由を説明する。

このページの先頭へ