カシオ学園 中学校 CASIO GAKUEN Junior high school

先生に質問!まなびのクイックアンケート

$v){ ?>
  • 結果をみる

ギターの弦の振動と音の関係をデジタルカメラでとらえる。

このコンテンツをご覧頂くには最新のFlash Playerが必要です FlashPlayerがインストールされていないか、古いバージョンのFlash Playerがインストールされています。このサイトをご覧になるにはFlash Player8.0以上が必要です。また、JavascriptをONにした状態でご覧ください。
中学校1年理科デジタルカメラ

物が振動して音が発生することを視覚化して伝えるために、身近な楽器であるギターを使用した。

  • 長野県辰野町立辰野中学校
    理科
  • 大原央之先生

使用製品

EX-F1
ハイスピードエクシリム
<EX-F1>
使い方ガイド

概要

ギターを台座に置く。台座の正面にカメラをセットする。
ギターのサウンドホール部分には黒い紙をさしこんでおく(弦がよく見えるように)
ギターの弦をはじき、撮影する。
電子黒板、テレビにつないで0.1秒に何回弦が振動するかを数える。
弦の太さや弦の張り,弦の長さによって揺れる回数によって音の高低に違いがあるか観察させる。(また,大きい音や小さい音における弦の振動についても観察することはできる。)

実践の課題

授業の導入時にギターの音を出し、弦によって高い音と低い音が出ることを示しておくと理解がスムーズになる。
電子黒板等を活用することで、教室全体で同じ情報を共有できる。

映像は撮影用に白熱灯を一灯あてている。

このページの先頭へ