カシオ学園 中学校 CASIO GAKUEN Junior high school

先生に質問!まなびのクイックアンケート

$v){ ?>
  • 結果をみる

デジタルカメラをマイクロスコープとして使う

このコンテンツをご覧頂くには最新のFlash Playerが必要です FlashPlayerがインストールされていないか、古いバージョンのFlash Playerがインストールされています。このサイトをご覧になるにはFlash Player8.0以上が必要です。また、JavascriptをONにした状態でご覧ください。
中学校1〜3年理科デジタルカメラ

顕微鏡につけるデジタルマイクロスコープとして、デジタルカメラを活用。
さまざまなメリットがあります。

  • 中学・高校理科、
    高校科学部顧問
  • 永澤勇気先生
  • 中学・
    高校理科
  • 冨澤晴将先生
  • 中学理科
    主任
  • 阪井希先生

使用製品

ハイスピードエクシリム
<EX-FS10>

概要

見たいものを顕微鏡にセットし、デジタルカメラのレンズ部を顕微鏡の接目部につけて、動画を撮影する。
その際、カメラがぶれないよう気をつける。

※ 動画はアナカリス(水草)の原形質流動。事前に日光に当てておくと、動いている様子がよく観察できる。

実践の課題

モニター上の対象を指し示すことができるため、顕微鏡をのぞいても生徒が 「何を観察すればよいかわからない」という状態にならず、説明にスムーズに入れます。
教師があらかじめ撮影しておいた動画を電子黒板などに投影することで、教室全体での共有もできるなどのメリットもあります。
ハイスピード撮影にすれば、ミジンコや微生物の鞭毛などの動画も撮影できるでしょう。今後挑戦予定です。

このページの先頭へ