カシオ学園 小学校 CASIO GAKUEN Elementary school

先生に質問!まなびのクイックアンケート

$v){ ?>
  • 結果をみる

清真学園高等学校 様

SSH高校1〜3年理科デジタルカメラ

「本物」を観る、貴重な経験!
ガラパゴス島の海外研修をデジタルカメラで記録。

SSH指定校、清真学園高等学校の「生物の進化」について研究するゼミ「ガラパゴスの自然」をテーマとした海外研修の様子を十文字秀行先生にレポートしていただきました。

  • スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校
  • 清真学園高等学校(茨城県鹿嶋市)
  • 十文字秀行 先生

導入機材


ガラパゴス海外研修レポート

SSH指定校4年目となる本年度は、11テーマのスーパーサイエンスゼミを実施しています。
そのうち生命科学系のゼミでは「ガラパゴスの自然」をテーマに海外研修に行ってきました。
ガラパゴス海外研修は、生徒たちにとって「本物」を観る貴重な経験となりました。
本ゼミでは、引き続き「生物の進化」について研究していきます。

  • 1日目

    3月1日 成田発、アトランタ経由でキト(エクアドル)へ

    直前にチリの大地震がありましたが、 津波の影響もなく無事出発できました。

  • 2日目

    3月2日 いよいよガラパゴスへ

    着陸前には、手荷物すべてに殺虫剤らしきものが噴霧され、外来の生物から島を守る努力がされていました。

3日目

3月3日 フィンチとゾウガメ

雨模様の中、片道2時間のシエラネグラ登山はかなりハードでしたが、
EX-G1で天候を気にせずに撮影することができました。
途中、フィンチにも出会いました。
ダーウィン研究所のゾウガメ繁殖場では、ゾウガメを間近で観察しました。

4日目

3月4日 ウミイグアナと植林体験

ウミイグアナはちょうど繁殖期で、メスは産卵がための穴を掘っていました。
オスは頭突きで押し相撲をし、子イグアナが通路をふさぐほどたくさんいました。
現地高校生とともに、ガラパゴス固有種の植林を体験しました。
楽しくコミュニケーションしながらの作業は、国際交流としても貴重な体験となりました。

5日目

3月5日 グラント博士とリクイグアナとグンカンドリとエイ

フィンチ研究の第一人者、グラント博士と偶然お会いすることができました。
来日講演時に私たちがいたことを覚えていてくださり、一堂感激でした。
リクイグアナがサボテンの下に隠れていました。ごちそうのサボテンの花が落ちてくるのを何日でも待つのだそうです。
グンカンドリがそこらじゅうを飛び交っていましたので、EX-F1の高速連写で羽ばたきも追ってみました。
やはり胸の赤いふくらみが一番印象的でした。
生徒がEX-G1を持ってスノーケリングをしていると、海中にエイの群れが出現、水中撮影できました。

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)とは
スーパーサイエンスハイスクール(SSH)は、将来の科学技術を担う人材の育成を目指して、 文部科学省が指定した、科学技術、理科・数学教育を重点的に行う学校です。 清真学園高等学校は、平成19年度から5年間の指定を受け、研究開発にあたることになりました。 地域と連携しつつ、豊かな自然を活用して、「論理的思考力」「科学的探究力」 「国際的プレゼンテーション力」を持つ生徒を育てることが、清真学園高等学校SSHの目標です。

このページの先頭へ