カシオ学園 小学校 CASIO GAKUEN Elementary school

先生に質問!まなびのクイックアンケート

$v){ ?>
  • 結果をみる

走り幅跳びの指導にデジタルカメラのハイスピード撮影を活用する

このコンテンツをご覧頂くには最新のFlash Playerが必要です FlashPlayerがインストールされていないか、古いバージョンのFlash Playerがインストールされています。このサイトをご覧になるにはFlash Player8.0以上が必要です。また、JavascriptをONにした状態でご覧ください。
小学校1〜6年体育デジタルカメラ

もっと遠くへ!
走り幅跳びがうまくなるコツ。

走り幅跳びで遠くに飛ぶためには、踏み切り速度をいかに高めるかにかかっている。ハイスピード撮影を指導に取り入れている八戸大学 人間健康学部 人間健康学科 三島隆章先生に指導のポイントをうかがった。

  • 八戸大学
  • 人間健康学部 人間健康学科
  • 三島隆章先生

使用製品

ハイスピードエクシリム
<EX-F1>
使い方ガイド

撮影方法

ジャンプ方向の側面から全身が入るように撮影する。

概要

撮影した動画を見て、以下のポイントに注意しながら振り返る。

低学年
・助走を付けて片足で踏み切り、前方に跳べているか。
中学年
・短い助走(5歩程度)から、調子よく踏み切っているか。
・前方に踏み切り、遠くへ跳べているか。
・膝を柔らかく曲げて、両足で着地しているか。
高学年
・リズミカルな助走から踏み切っているか。
・前方に踏み切り、遠くへ跳べているか。
・かがみ跳びから両足で着地しているか。

実践の課題

ハイスピード撮影した動画で足や腕の動きをチェックしましょう。

走り幅跳びのポイントはおもに踏み切りです。スピードを落としすぎると遠くへ跳べず、また落とさないと走り抜けてしまうことになります。

上手にできる子と、そうでない子(希望者)を撮影し、なぜそうなっているのかを考えます。 通常のスピードで見ていると「どこが悪いか」がわかっても「どう悪いか」は、目に見えず、なかなか指摘しずらいものです。 ハイスピードカメラで撮影することで、その子の苦手とするポイントが、はっきりと目に見えます。 フォームが映像として残るため「ここが良くなった!」と伝える場合も、比較しやすいという利点があります。

このページの先頭へ