カシオ学園 小学校 CASIO GAKUEN Elementary school

先生に質問!まなびのクイックアンケート

$v){ ?>
  • 結果をみる

苦手な子も笑顔で技に挑戦できる。楽しい鉄棒運動の授業展開。

このコンテンツをご覧頂くには最新のFlash Playerが必要です FlashPlayerがインストールされていないか、古いバージョンのFlash Playerがインストールされています。このサイトをご覧になるにはFlash Player8.0以上が必要です。また、JavascriptをONにした状態でご覧ください。

※空いている時間を振り返りに活用しました。

小学校4年体育デジタルカメラ

器械運動(鉄棒)

いったん苦手意識を持ってしまうと、積極的に取り組むことが困難になってしまうことが多い鉄棒。ハイスピード撮影で子どもの意欲を引き出し、楽しく体を動かす工夫をしています。

  • 東京都墨田区立小梅小学校
  • 5年生担任
  • 小林大志先生

使用製品

ハイスピードエクシリム
<EX-F1>
使い方ガイド

撮影方法

手もち、三脚など臨機応変に撮影。
撮影中でも全体から目を放さず安全に配慮する。

概要

授業の目標は「1・自己の能力にあった技に取り組んだり、技を組み合わせて運動できる。2・自分にあった課題を持ち、解決の仕方を工夫する。」としました。

学習ポイントは2つ。めあて1では、すでにできるようになった技を練習します。今もっている力で、よりよい技の完成に向けて運動すること、小集団による学びあいを実践しました。
めあて2では、もう少しでできそうな技や段階に挑戦します。相互評価やできばえの確認を行いました。
それぞれの練習風景をデジタルカメラで撮影し、子どもたちに必要に応じて再生画像見せながら指導を進めます。
その後、教室に入り、デジタルテレビ、電子黒板を活用して、学習の振り返りをしました。

実践の課題

声かけ

体育の時間を楽しもうという気持ちをクラス全体で共有するため、常に明るい表情と前向きな声かけを心がけています。
笑顔で「できるよ!」「すごい!」「もうちょっと!」などの言葉を選んで使っています。

ペア、グループでの学びあいを活かす

子ども同士が互いに協力し合い、教えあいながら学習できるよう助言することや、動きのポイントやコツを意識するよう言葉をかけることもポイントです。
ペアでの練習は、相手がどうやったらうまくできるかアドバイスすることで、自分の技を考えることにもつながります。
グループの演技内容は児童に考えさせることで、表現運動にも発展できるような工夫が出てきました。

動画はすぐに見せる

ハイスピード撮影した動画はその場で子ども自身に見せることで、技のイメージがつかめます。
どう工夫したらできるようになるか、その場で考え、やらせてみることが大切です。

振り返り

デジタルテレビ、電子黒板を活用し、記憶が新しいうちに振り返ります。
ストップモーションなどを多用し子どもたちに技のポイントが的確に理解できるよう解説。
「できる!」というイメージ作りによって、苦手意識を持たせないことがポイントです。

このページの先頭へ